生着替え

14 -
ゆったりランチの後車に戻ります。おばさんは以前新しく買ったパンティーのひとつを包みのまま持って来ています。当然私とのセックスを前提に選んだものなので私に早く見てほしくてたまらないのです。嬉しそうにおばさん車の中で包みから取り出しました。


“かわいい〜っ♡!”白のスケスケのパンティーが出てきました。


嬉しさに自然と笑顔が溢れてしまうおばさんなのでした。


“ほら〜かわいいでしょ〜⁈”可愛いですよ。“はいてほしい〜♡?”本当ですか〜っ!(嬉)


“待っててね〜♡”そう言うとおばさんは待っていられないとばかりにお着替えを始めてしまいます。


おばさんは上着を捲ると勢いよくパンティーストッキングを脱ぎ始めました。


パンティーストッキングの下は肌色のパンティーかと思いきや、よく見るとノーパンパンスト直穿きでした。いやらしいモジャモジャの陰毛が顔を出しています。


おばさんノーパンじゃないですか(驚)⁈


“そうだよ〜っ♡”最初から生着替えのためにおばさんはノーパンだったのです。何と用意周到なことでしょう(笑)。


そして新しいパンティーです。ワンポイントの青いリボンがとても可愛いですよ(喜)。


両脚を通します。


重たいお尻はこうしなくては通らないですね(笑)。


こんな感じではけました。


後ろは透け透けのレース地がヒラヒラとしています。


勢い余って上まで脱いでしまうおばさんでした。とても可愛いですよ(嬉)。しかしこの後、私は夢中でおばさんに飛び掛かってしまう結果となり画像を撮ることが出来ませんでした(汗)。大変申し訳ありませんがこの続きはご想像にお任せします。
ページトップ